武蔵野うどん

12月 27th, 2013

武蔵野うどんって聞いたことありますか?

武蔵野うどんとは、多摩地区一帯を含む東京都西部から埼玉県西部に伝わる郷土料理です。
もともとこの武蔵野地域は、小麦の生産が盛んな地域で、米と同様に麦食やうどんが多く食べられていました。武蔵野うどんの原型は、地元の小麦を使った手打ち麺です。
一般的なうどんよりも太く、しっかりとした噛み応えのあるコシの強い麺は、
漂白されていない地元の小麦粉を使っているため、やや茶色がかったグレーに見えるのが特徴。
また食べ方はゆでた麺を一度洗い、ざるに盛ったざるうどんに熱いつけ汁でいただくのがオーソドックスなスタイルです。
地元の農産物を消費するいい例えの一つであります。
この武蔵野うどんを食べられるところがあります。
小平ふるさと村では文化遺産である古民家で、毎週土・日及び祝日の昼食時に1日50食を限定に販売しております。

小平糧うどんは、オーダーされてから麺を茹で上げます。最長で20分ほど待ったないといけないけどそれがゆでたてのおいしい麺をたべられるのです。

メニューには
1.小平糧うどんは、手作りならではの素朴な味が楽しめます。一食¥500。
2.つけ麺は、すべてうどん、そば、合盛りから選ぶことができ、どれを選んでも値段は変わりません。カレー付けの合盛りで¥700。
3.冷とろ付けうどんは、わかめや芽かぶ、オクラ、しらす干しの入ったさっぱりとした冷やし汁でいただきます。¥700。
4.った武蔵野のらうどんは炒めたナス、ネギ、インゲンを乗せ、冷たい出汁にうどんです。¥700。
5.一番人気の肉付けうどんは¥650。

小平糧うどん(小平ふるさと村)
東京都小平市天神町2-57
042-323-3090 (武蔵野手打ちうどん保存普及会 山口会長)
営 日・祝日
時 11:00~売切れるまで
JR「武蔵小金井」駅より車で15分

手打ちそば・うどん はる
東京都立川市柏町2-39-34
042-535-5599
営 11:30~15:00、17:30~21:00
休 日・祝日
JR「立川」駅よりバスで15分

甚五郎
東京都国分寺市本町3-3-13
042-325-6916
営 11:00~23:00
年中無休
JR「国分寺」駅北口より徒歩2分